がっつり稼ぐ副業

最新医療があなたの喘息を治す【高額謝礼付き】【治験】

ゴホゴホと咳き込む喘息、ほんとうに辛いですよね…。
外出先で、シュッシュとする吸入ステロイド薬も忘れてしまった日には絶望でしかありませんよね…。

そんなつらい喘息を最新医療で治療しながらさらに高額謝礼を貰える治験があるなんてご存じでしょうか?

ここでは、そんな最新医療によって喘息を治療しながらお金を稼ぐことができる治験ボランティアについてご紹介します!
→ 喘息を最新医療で治す、治験ボランティア

喘息とは

その前に、そもそも喘息とはどういった病気なのでしょうか。

喘息の方は、気道になんら症状がない時も常に炎症を起こしていて、健康な人と比較して狭いので空気が通りづらくなっています。この気道部分は常に敏感な状態なのでちょっとしたほこりやストレス、たばこなどが原因で発作を起こしてしまいます。

喘息の治療には発作をおこりづらくするための気道炎症に対するステロイド薬の服薬などが中心となります。口の中に入れて、シュッシュとやるアレですね。

喘息の症状

では、具体的な喘息の症状にどういったものがあるのでしょうか?

喘息の主な症状にはせきやたん、ゼーゼーいう…などさまざまな症状があり、最近の喘息の症状にせきだけというのが増えているそう。さらに、中には胸の痛みを訴える方もいるようです。

こういったつらい症状が続く場合、医療機関で診断してもらうことが必要で、放っておくと気道炎症が悪化してしまい発作が頻繁に起きたり、症状が重症化してしまうことがありますので特に注意が必要です。

喘息の治療

次に喘息にはどういった治療をするのかと言うと、発作を起きづらくするために予防することが大前提ですが、治療薬には次のようなものが使われます。

  • 起こった発作を鎮静させる薬
  • 発作が起こらないよう調整する薬

なお、このうち発作治療薬については発作が起きた時のみに使用するもので、もう一方は長期間の続ける必要がある薬です。

最新医療で喘息を治してくれる治験とは

次に、治験とはどういったものか詳しくご説明しましょう。

治験と聞くと、

「そんなに危ないものは怖い」
「新薬を人体で検査するなんて」
「よくわからないけど、安心はできないよね…」

などと思っていらっしゃる方も多いかと思います。
正直、まだまだ治験の正しい知識が理解されていないので、こういったネガティブなイメージが先行してしまっているのが現状ではあります。

しかしながら、実は治験は専門医療機関で、医師立ち会いのもとに行われる、安心安全なものなのです。更に数日の入院が伴うものだと、10万円以上の高額謝礼が支払われることも普通なのです!!

なぜ高額謝礼が支払われるかというと、人体にリスクがあるから……ではなく(笑)、入院中は、数日間の時間的拘束がされてしまうこと、食事管理や行動がある程度制限されてしまうことへの謝礼となります。

とは言っても、入院中は1日数回の問診・診察・採血などを除く大半の時間は基本的に自由時間となりますので、病室で自由に過ごすことができます。漫画を読んだり、スマホでゲームをしたり、テレビをずーっと見てたり、パソコンで仕事だってできちゃうのです!

これって凄いですよね!?
しかも、持病の喘息を最新医療で治してくれるなんて…!!

安心安全な治験ボランティア

治験に使用される新薬は、厚生労働省の認可を得た後、一般的に使用されるためにはその安全性と効果を確認する必要があります。そのため、最終的に患者さんに使ってもらい、その安全性と効果を確認する費用が出てきます。

このような、安全性と効果を確かめるための試験のことを臨床試験と言いますが、その中でも厚生労働省から承認を得るために行うもののことを治験と呼びます。

また治験に使われる薬のことを治験薬といい、一般的に売られている薬はこの治験を経て効果や安全性を確認後、承認が得られた後に販売されているということになります。
いわば治験は、新薬が発売される最終段階での効果検証という役割を果たしているので、安全性が極めて高いということになります。

治験ボランティアとは

さて、喘息がコンプレックスになっておられる方も多いかと思いますが、治験ボランティアに参加すれば、世の中の喘息で苦しむ人のために役立つことができなおかつ高額な謝礼がもらえます。その内容とはどういったものかと言うと、治験には通院タイプと入院タイプがあります。

通院する治験

拘束される時間が比較的短く数日~1ヶ月程度となっています。
どちらの場合もサプリやく薬などを服用した後その後どういった変化があるのかチェックします。その量や頻度はさまざまですが、ほとんどの場合で採決を行います。

入院する治験

いっぽうで、入院するタイプの治験の場合、他の方と共に入院するため起床時間や消灯時間などすべて決められています。ただ、それ以外の時間は自由に過ごせることが多いようですね。入院4日以上伴うものであれば、謝礼は10万円を超え、中には30万円以上も超高額車齢が支払われるものも存在します!

副作用はあるの?

自分が喘息であることが新しい治療や医療のためになるとは言っても、副作用があるのは心配ですよね?これについてはどうなのでしょうか?

治験薬に限ったことだけではなく、一般的に薬は病気を治療できるのと同時に副作用が多少あるのは否めません。
治験に参加する際に説明文書が渡されますが、そこにはこれまでの治験薬で起こった副作用や想定される副作用が書かれています。

基本的には安心安全でありますが、医師や薬品会社にも想定できない副作用が起こりうる可能性がありますし、もし副作用などの症状が起こってしまった場合でも、すぐに医師がその場で治療を行うことになっているので安心です。

個人情報は漏れないの?

ご自分の個人情報が第三者に漏洩しないかどうかも心配な方もいらっしゃることでしょう。

治験が行われるにあたり、あなたの個人情報が第三者に漏れることは一切ありません。
厚生労働省や薬品会社が行う治験の結果についてはきちんと管理され、個人が特定できないよう厳重に扱われます。

そのため、治験結果は医療機関から製薬会社へと報告があった後、新薬の承認を得るため厚生労働省に提出されますし、中には医学専門誌などに掲載されることがあるものの、それ以外の目的に使われる心配は皆無です。

万が一、こういった雑誌に掲載される場合も、治験した人の個人情報はしっかりと保護されています。

治験を受けるメリット

治験に参加することでコンプレックスを解消でき、高額なバイト料がもらえる他に、治験には具体的にはどういったメリットがあるのでしょうか?

最先端の医療が受けられる

まず、何より開発中の新薬で喘息の治療が受けられるというのがあります。
喘息に対してこれまであなたが使用していた薬や治療で効果がなくても、症状がよくなる可能性が高いといえるでしょう。

専門医が丁寧に診察してくれる

治験を受けている間は診察や検査がしっかりと行われるので、治験に参加した人は専門医による丁寧な診察を受けられるのはメリットです。万が一、副作用などの症状がでた場合でもその場で、医師による治療が無料で受けられますので安心ですよね。

無料で診察や検査が受けられる

治験を行っている間の全ての診察や検査にかかる費用は製薬会社が負担するのはもちろん、検査のために通院したり、定期的に薬を飲むなど治験に関する協力について基準に沿って負担軽減費を支払ってもらえます。
さらに交通費や、治験の説明会に参加するだけでも謝礼が支払われる場合も多いので、治験は手厚いサポートによって運営されています。

病気の状態を詳しく知ることができる

あなたがどうして喘息になったのかなど、最新医療や専門機関によって詳しい原因が検査や診察で分かったり、現在の症状や状態などを詳細に知ることができます。
正しい薬や治療への知識を得ることによって、今後の生活にいい意味での影響がでてくるでしょう。

社会貢献ができる

新薬を世の中で生み出すには治験が必要不可欠です!
治験ボランティアの協力がないと、新薬や新しい治療を生み出すことはできません。

治験に参加することで新薬や治療を生み出すことができることや、喘息で苦しんでいる同じような人たちを助けるということであり、大きな社会貢献の意義が治験にはあります。

現在募集中の、喘息を治す治験ボランティアはこちら

まとめ

治験ボランティアについて詳しくご説明してみました。

意外と知られていない治験ボランティア。

治験に対してネガティブなイメージを持っていた方も、喘息というあなたのコンプレックスが、治験ボランティアに参加することで解消されると同時に、社会貢献に繋がるかもしれません。

しかも高額な謝礼までもらえるとなれば、治験ボランティアに参加しない手はありませんね!

ABOUT ME
副業おすすめ速報\(^o^)/ ​
2012年4月より、副業としてアフィリエイトをスタート。2年間ぐらいは全く稼ぐことができず、サイトもほぼ放置状態の、だめだめ挫折アフィリエイターでした。しかしながら試行錯誤の末、2015年には月30万円をネットで稼げるようになるまでに成長。現在も無理のないペースで複数サイトを更新し、楽しみながら副収入を得る生活を実現できています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください