副業とお金の話

老後は不安だらけ…。老後資金はいくら必要?

「老後資金が思ったよりも貯まらなくて将来が不安…」
「独身なだけに老後が不安でたまりません」
「老後資金のことはまだ何も考えていないけど、まだ若いから大丈夫だよね…」

このように自分の老後のことを考えると、実際にお金がいくら必要になるのだろうかと心配になってしまいますよね。特に30代を超えても未婚の方や、40代や50代であまり貯蓄ができていないといった方は要注意!

今回は、みなさんの老後の不安を解消すべく、老後資金はいくら必要なのか紹介していきます。

老後の不安には何がある?

まずは老後の不安には何があるのかを把握していきましょう。
自分に当てはまる項目が見つかれば、今後の対策法を考えていくことができますよね。

老後資金

まず初めは、やはり老後資金。老後資金を貯めるには、貯金が中心となります。
一般的には1500万円とも3000万円以上が必要とも言われています。しかし、実際には貯金はそう簡単に貯まるものではなく、多くの方が老後資金による不安を抱えてしまいます。

年金

60歳や65歳といった節目を迎え、定年退職後の収入と言えば年金がありますが、この制度について不安に思われる方も多いのが現状です。
厚生労働省の調査でも、厚生年金の受取額は今後さらに低下するだろうといわれています。
こういった年金だけに頼っていては、不安は一向になくなりませんよね。

少子高齢化社会

皆さんご存知の通り、日本では少子高齢化が社会問題です。このまま少子高齢化が進んでいくと、年金制度や医療費負担の増大などが不安となってしまいます。
この少子高齢化は避けては通れない問題で、社会保障や医療費の負担増、年金削減などによってさらに老後資金が不安となるような事態が予想されています…。

老後資金の目安を教えて

老後の不安を解消する上で、どの程度の老後資金を貯めればいいのか気になりますよね。
そこで、老後資金の目安として「独身」と「夫婦」の場合に分けてご紹介していきます。

単身の老後資金

独身の場合には、老後の消費支出が1ヵ月で約15万円とされています。
この数字から年金などを含めた老後の収入を差し引くと、あなたが1ヶ月にいくら老後資金が必要なのかが算出できるのです。そこから算出をすると、単身世帯は約1,500万円程度の老後資金が必要といわれています。
ただし住宅が持ち家でローンが完済している場合などは、数万円程度の減額が見込まれますが、長年居住した住宅では、思わぬ修繕などによって出費がかさむこともありますので、できるだけ多めに貯蓄をしておきたいものですね。

夫婦の老後資金

夫婦の場合には、老後の消費支出が1ヵ月で約25万円とされています。
「単身の老後資金」の場合と同じく、この数字から年金などを含めた老後の収入を差し引くと、あなたが1ヵ月にいくら老後資金が必要なのかが算出できるのです。
そして、実際の老後資金には約2,500万円程度必要といわれています。

投資系の副業をはじめることも、ひとつ打開策

1500万円や2500万円という金額は、あくまで最低金額の老後資金として捉えるようにしましょう。年を重ねると病気によるリスクなどで大きな出費が必要になるなど、できるだけ多くの老後資金を確保していく必要があります。

若いときから30年以上も働いてきたにもかかわらず、やっと落ち着いた日常を過ごせる老後ですら、常にお金を心配しながらの老後ほど悲しいことはありません。

そして老後不安を解消するおすすめの副業は、ずばり「投資」。

なぜ投資なのか?

おそらくこの記事を読んでいる人(あなた)は、老後を現実に捉えている若くない年齢の人が多いことでしょう。その年齢にもなると、新しいことを覚えたりすることに抵抗があったり、昔のように覚えることができなかったり、そもそも副業にさける時間とも限られていることでしょう。

副業に投資が向いている理由としては、長期保有ができることであり、一度ポジションを持ってしまえば、基本的にはすることがほぼ無いので、時間を有効的に使うことができます。
さらに経済の勉強をすることや、そもそも経済に興味がないという方でも、投資信託などの金融のプロが厳選した金融商品を買うだけで投資ができてしまうので、とても簡単に始めることができるのが最大のメリットといえるでしょう。

いまから老後に不安を抱えている方は、今までの収入にプラスαをするという意味でも、ぜひこれから紹介する投資系副業にチャレンジし、ストレスのない優雅な老後をむかえられるように頑張っていきましょう!

投資信託

老後資金を貯めるのにおすすめの副業には、「投資信託」がピッタリ!

投資信託とは、様々な個人投資家から資金を集め、その大きな資金を運用のプロが株式や債券などに投資・運用する商品をいいます。投資信託で発生した利益は、手数料を引かれた後に個人投資家に分配されることになります。

ですが、一口に投資信託といっても様々な商品があり、ローリスク・ローリターンのものからハイリスク・ハイリターンのものまで選ぶことが可能です。
投資初心者の方であれば、ローリスク・ローリターンのものから始め、徐々にハイリスク・ハイリターンのものに手を出してみてもいいかもしれませんね。

難しい知識や勉強をすることがなく、金融のプロが選定した商品を購入するだけで、1万円という少額から始められるのでとってもオススメです!

三井住友アセットマネージメント

世界的な資産運用コンサルタントのマーサーMPAアワード、SMAM国内株式中小型で8年連続で受賞実績

株式投資

老後資金を貯めるのに効率の良い副業として、「株式投資」もあげられます。

株式投資とは、株の現物取引のことをいいます。
株そのものは、会社の資金調達のひとつとして存在しており、事業活動を行う上で必要な資金を調達してくれた人に対して株を発行します。その株を受け取った人は株主と呼ばれ、配当金などの様々な利益を得ることが可能です。

最近では、ネット証券を使うことによってスマホアプリなどで手軽に株取引をすることが可能になったことや、安いものであれば1万円程度から投資できる銘柄もあることなどから、若い人を中心に人気のある副業のひとつとなっています。

FX

最後に老後資金を貯めるための副業として紹介するのが、外国為替証拠金取引の「FX」。

FXとは、他の国の通貨を買ったり売ったりして利益をえる投資商品となります。
通貨の種類には、日本円を初め、米ドルやユーロ、ポンド、豪ドルなど様々なものを取引することが可能です。

FXにはレバレッジといったサービスがあり、「テコの原理」を用いて、少ない資金で大きな投資を始めることもできます。その結果として、予想した相場となれば非常に大きな利益を得ることが可能です。

反対に予想した相場とは反対方向に進むと、それだけ損失となってしまうので、老後資金を失ってしまう危険性も十分にあるでしょう。FXを始める場合には、しっかりと取引方法などを学ぶことが重要です。
こちらも株式投資と同様に、スマホアプリを使って手軽に投資をできることから、人気が高まっている投資方法となっています。

どうしても老後資金を貯められなかった場合には?

投資をするだけの自己資金がない場合や、リスクを取りたくない場合、すでに老後に近い年齢でどうしても老後資金を貯められなかった場合の対処法もご紹介します。

できるだけ長く働く

老後資金を貯められなかった場合の対策として、できるだけ長く働くことが手っ取り早いですよね。

会社員の方であれば、定年後に再雇用してもらえなければ早めの準備をしておきましょう。
特にこれまでと異なった職について老後資金を稼ぎたいのであれば、多様な分野に携わる人とネットワークを築いておくのがおすすめです。

近年は人手不足という社会的問題もあってか高齢者や雇用も活発になっており、職種を広げてみることで可能性は大きく広がっていくことでしょう。

支出を見直す

支出を見直すことで、老後資金に悩まなくてよくなる場合もあるかもしれません。

支出に関しては、人それぞれ夫婦それぞれで異なります。
さらに、娯楽を減らしたりお金のかからない趣味を見つけたりすることで、解決の糸口が見つかるかもしれませんね。

保有資産を有効活用する

あなたの保有資産を有効活用することによって、老後資金の足しにすることも可能。

保有資産には、上記で紹介した投資信託や株式投資から債券、不動産、終身生命保険などの解約払戻金まで、様々なものがあげられます。
そんな保有資産を老後資金に充てることで、老後の不安を少しでも解消できるかもしれません。

まとめ

今回は、老後資金がいくら必要なのかを紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

老後の不安を初め、実際の老後資金がいくら必要かといったことがお判りいただけたと思います。また、自分の必要な老後資金が足りていない」、「どうしても貯蓄ができない」といった方は、ぜひ今回ご紹介した投資系の副業にも目を向けてみてくださいね。

ABOUT ME
副業おすすめ速報\(^o^)/ ​
2012年4月より、副業としてアフィリエイトをスタート。2年間ぐらいは全く稼ぐことができず、サイトもほぼ放置状態の、だめだめ挫折アフィリエイターでした。しかしながら試行錯誤の末、2015年には月30万円をネットで稼げるようになるまでに成長。現在も無理のないペースで複数サイトを更新し、楽しみながら副収入を得る生活を実現できています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください