稼ぐ本、読んでみた

【読んでみた】お金がいままでの10倍速く貯まる法




「今年こそは1年で100万円を貯めよう」

新年にそういった貯金目標を設定しても、結婚式のご祝儀や病気、家電製品の買い替えなどの急な出費があって、なかなか目標の金額まで貯金を貯めることができないなんて経験がある方も多いのではないでしょうか。

この本は、著者がわずか1年で3億円の資産形成を実現した経験米国公認会計士の知識などをもとに、お金を効率よく貯める為の実践方法や理論を紹介しています。

「お金の貯める方法 → お金の正しい使い方 → 節税方法 → 投資+自己投資」というステップで書かれていますので、自己投資やや自己啓発が好きな人や、今のお金を貯められない環境を変えて投資などにも挑戦してみたい人など色々なお金の貯め方実践した人に、特に向いている内容と言えるでしょう。

著者:午堂 登紀雄氏とは

1971年生まれ。米国公認会計士(CPA)。
2001年、世界的な戦略系経営コンサルティングファームであるアーサー・D・リトルに参画。2006年、個人を対象に不動産投資コンサルティングを行う、株式会社プレミアム・インベストメント&パートナーズを設立。

【読んでみた】お金がいままでの10倍速く貯まる法

面白いほどお金が貯まっていく「仕組み」

お金持ちは「投資」、普通の人は「消費」にお金を使う

お金持ちは、お金を使うべき時には惜しみなく使い、無駄な事には一切使わない。
「お店に行って、何となくよさそうだったから」でお金を使うことはない。

お金が貯まる方程式「収入―貯蓄額=生活費」

給料が入ったら、貯めたい金額を天引きする
自動積立的貯金や財形貯蓄で強制的に引いてしますと楽に貯まる

「収入」と「支出」をラクラク管理できる方法

家計簿をつけるのは、メリットが少ないので続かない
家計簿は「つける労力」>「得られるメリット」
レシートの束をクリアファイルに貯めておいて、月1回チェックする
引き落とし口座は一箇所にまとめてみる
支払いはなるべく”クレジットカード”を利用する

固定費を見直す

会員ビジネス(月定額○円)は提供する側にとって魅力的
買い手側から見たら、「月定額○円」には注意が必要
携帯、プロバイダ、クレジットカードの年会費は見直してみる

リボ払い・キャッシングは「借金」と心得よ

キャッシングは年利が高すぎて馬鹿馬鹿しい
リボ払いは、金利は高くていつまでも元本も減らない(提供する側は美味しい)

「お金の流れ」を呼び寄せる”生きたお金”の使い方

家計の”ギャンブル係数”はどれぐらい?

生命保険、マイホーム購入、子供の将来のための習い事など「自分ではコントロールできないこと」に対して無意識にギャンブル的なお金の使い方をしている

絶対に元を取る

企業はお金を払ってもらうために日々努力している
頭を使わない人はどんどん企業のカモにされてしまう
買うときは「絶対に元を取る」という気持ちで買う

高級・ブランドなどの言葉に踊らされない

高級感あふれるイメージを作るためにパッケージや流通・広告費用がかかっている
当然コストはその商品の料金に、その分上乗せさせられている

フリー(無料)とは撒き餌である

タダ、破格の値段はフロントエンド(顧客を集める)商品
本当に買わせたいバックエンド商品を売るための餌
「○○が無料で配布」ならば、企業が本当に売ろうとしている商品を考えてみる

「自分が使った後、売れるか?」を計算してみる

人気の商品ならば、中古で買ってみる
数年使った後も、人気があればほぼ同じ値段で売ることができる商品がある

知らないと損する「税金の話」

会計よりも税金を学ぶ

会計は学んでも、直接稼いでお金を増やしたりはできない
税金を学ぶと、運や才能に左右されず合法的にお金を残せ、1年以内に成果も出せる
顧問税理士の協力を得て実現した節税ノウハウを活用しよう

「税金」を「給料」に変える魔法

サラリーマンでも、個人事業主になれる
事業運営にかかったと説明できる「経費」を計上すると、源泉徴収されていた税金が還付される

公営住宅に格安で入居する方法

公営住宅は所得の低い人に対して、低廉な家賃で賃貸する公共的な住宅。しかしながら駐車場をみると、なぜか高級外車がちらほら見受けられる

お金を最速で殖やす「投資術」

暴落は買いのサイン

メディアを賑わす頃にはもう遅い
メディアは過熱してからしか報道しないので、そこが市場のピーク
なのに大半の人は、日経平均が最高値を更新すると市場に参入するから儲からない
勝てる投資は、平均的な人と正反対を向かわないといけない

「ためになる情報」と「投資で勝てる情報」は違う

投資で勝てる一番の情報とは「何もしなくても入ってくるもの」
つまり、「みんながパニックになっているなぁ」と感じた時が、買い時

自動的にキャッシュを生み出す「不動産投資」

収益物件選定の基準は「入居者がいるかどうか」
入居者がいてこその家賃収入

不動産投資の3つの判断基準

ある程度人気のある土地で駅から近いこと
シミュレーションの結果、きちんとしたキャッシュフローが残ること
築年数が古すぎないこと

自己投資=稼ぐ力を持つこと

稼ぐ力を持つ

稼げる人にはお金が集まるし、いい情報も集まる
稼げる人は、お金と情報を元にもっと稼げるのでますますお金持ちになる
稼いだお金は、自分自身が考え、問題を発見、解決策を考え、実行して成果を出した証拠

これから10年、年収が上がる人・下がる人

希少性、独自性のあるアウトプットができる
蓄積がモノをいう仕事をすれば、すぐには他人に追いつかれない
労働時間よりも、より付加価値のあるアウトプットを出す
専門分野を”真似ができない”ところまで極めよ

「自己投資」の新常識

自己投資で培ったスキル・知識は、いつまでも失われることがない
自己投資とは、将来の自分への最大の投資

最大のキーワードは「差別化」

自己投資の選び方は、「差別化に効くのか?」「収益につながるか?」
今までに読んだ本の中から、差別化をもたらすアウトプットを、いくつ出してきたか?

ABOUT ME
もう挫折しない!ネットで月5万円稼ぐ副業ブログ
2012年4月より、副業としてアフィリエイトをスタート。2年間ぐらいは全く稼ぐことができず、サイトもほぼ放置状態の、だめだめ挫折アフィリエイターでした。しかしながら試行錯誤の末、2015年には月30万円をネットで稼げるようになるまでに成長。現在も無理のないペースで複数サイトを更新し、楽しみながら副収入を得る生活を実現できています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください