世界中で急速に広がる、ACNネットワークビジネスの強さの真実【評判・口コミ】

世界中で急速に広がるACNネットワークビジネスの真実


遂に語られる!ACNビジネス成功者の体験談

世界的に広がるACNネットワークビジネスが、日本に上陸できない理由

ACNとは、言わずと知れた世界最大のMLM(ネットワークビジネス)通信再販会社です。

ACNがサービスを展開している国は、24ヶ国以上(アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージランド、イギリス、イタリア、フランス、ドイツ、オーストリア、ベルギー、デンマーク、スイス、オランダ、スペイン、ポルトガル、ポーランド、ノルウェー、スウェーデン、アイルランド、プエルトリコ、韓国など)を数え、その地域も北米、欧州、オセアニアに広がり、2010年の韓国本社開設以降、経済の成長著しい多くのアジア地域に参入していくものと思われます。

韓国本社開設時期と同じ頃に、日本でも「ACNが遂に日本上陸か!?」などという噂が広がり話題を集めていましたが、ACNの日本上陸はまだ正式発表されておりません。

理由としては、日本の通信事業は総務省が厳しく管理をしており、限りある携帯電波の割当もNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社のみに独占されています。

日本で事業を展開していくとすれば、現状の制度ではMVNO(仮想移動体通信事業者)でドコモやauなどから電波を借り受けてサービスを提供するを展開していくことになりますが、このMVNOもBIGLOBEやOCN、ぷららモバイル、日本通信といった通信事業をメインとしている事業者以外にも、楽天モバイルやDMMモバイル、イオンモバイルなど他業種からの参入も多く、MVNO事業者数は170社を超え(総務省データ)、まさに飽和状態であると言えるでしょう。

さらに「電波の品質」がどこの事業者も一緒となれば、必然的に過度なサービス、価格競争とならざる得ません。

こういった状況から、ACNが日本にてネットワークビジネス参入には現在の状況では難しいと言えるでしょう。

世界中で多くの会員を獲得し続ける、ACNネットワークビジネスの強さの真実

世界中で急速に広がるACNネットワークビジネスの真実

ACNは、1993年にグレッグ・プロヴェンツァーノ、ロバート・ステヴァノフスキー、トニー・キューピーズ、マイク・キューピーズの4人の起業家によって創設されました。
アメリカ大統領選挙に立候補し、「不動産王」との異名を持つドナルド・トランプ氏も経営に参画していることでも有名です。

ACNの強みは、今までのあった健康食品や美容関連の商品をメインとしたネットワークビジネスとは異なり、固定電話や携帯電話、インターネットサービスという、私達が毎日必要とする通信費というインフラを商品としている事です。

特定顧客をターゲットとした健康食品や美容関連の商品とは違い、「通信」といった先進国のほとんどの人を対象とし、ライフラインというインフラ事業だからこそ「継続性が非常に高いビジネスモデル」である事から、ACNネットワークビジネスの可能性も非常に大きい事が上げられます。

そして他のネットワークビジネスとの決定的な違いが、「商品寿命が長い」ということでしょう。

健康食品や美容関連などの商品は、ヒット商品を生み出し続けなければ生き残っていくことは難しいですが、通信事業の場合は、通信品質と価格さえある水準を維持していれば、淘汰されていくことはありません。

よってACNビジネスにおいては、ACNのディストリビューターは半永久的に毎月、安定した権利収入を得る可能性が非常に高いからこそ、今現在も世界中で多くのディストリビューターを獲得し続けているのです。

↓↓↓
【体験談】ACNネットワークビジネスの評判と真実

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。