わずか10記事で、ほぼ毎日新規リストを獲得できた方法【ライフプラス】

わずか10記事で、ほぼ毎日新規リストを獲得できた方法【ライフプラス】


急成長を続ける知られざるライフプラスの過去と現在

これまでこのブログの中で、実際にライフプラスのネットワークビジネスプログラムを2年間やってきた中で感じたことなどを書いてきました。

そしてここでは、「なぜ私が僅か10記事程度で、ほぼ毎日見込み顧客を獲得できたか」という、より実践的な内容を書いてみたいと思います。

ライフプラスのプログラムを行っていたのは数年も前になりますので、現在でもその手法が通用するかはわかりませんが、ネットワークビジネスをやっていて壁にぶつかっている人や、始めてみたもの実際に何をしていいかわからない人などの、少しでも参考になれば幸いです。

マニュアルから外れた誘導方法

わずか10記事で、ほぼ毎日新規リストを獲得できた方法【ライフプラス】

 「寝ている間にも、インターネットでダウンを獲得する方法」
 「初心者でもできる、ネットワークビジネス」

私の所属していたライフプラスのグループでは、当時このような文言を謳い、見込み顧客を集めていました。

当時はこのキャッチコピーが斬新だった為か、多くの「初心者」がライフプラスのプログラムに参加をしていました。
そして、ネットリテラシーもネットワークビジネスの知識もわからない彼らに与えられた仕事は、「無料ブログをひたすら量産し、見込み顧客を集客すること」でした。

そして無料ブログの最後に、指定のランディングページへのリンクを貼ることで、ランディングページ以降の無料セミナーへの申込み、メルマガフォローなどに関しては、所属するグループの仕事ととして割り切られていました。

何もわからない彼らにとっては、やるべきことがシンプルに明確化されましたが、ここで多くの問題が生じていたのです。

それは、狙ったネットワークビジネス関連のキーワードは、既に多くの仲間達のブログで埋め尽くされていたことです。
パッと見ではわかりづらいですが、ブログ構成やランディングページへの持って行き方などが共通した流れになっており、それらは読者からしてみればスパム以外の何物でもなかったはずです。

そこで私は、他のブログとの違いを出すために、ランディングページを自作しました。

この行動は凄まじい効果を生み出しました。

それまでの方法では、いくらブログの特性や色を出したところで、特定のランディングページに飛んでしまうと、イメージが大きく異なってしまい読者は強烈な違和感を感じていたはずですが、自分のブログに合わせたランディングページを作成したことにより、無料セミナーへの新規登録(顧客リスト)までを自然に持っていくことができていたと思います。

私の場合は、できるだけ自然に誘導できるようにブログの中に埋め込むという形を取っていましたので、ブログ記事同様に長くならなすぎずに、次のページボタンを押すかのようなデザインで作成していました。

当時の多くの仲間達が使用していたランディングページは、「あなたの方法は間違っている」、「友人・知人を失わないやり方」、「マルチ商法、ねずみ講ビジネスではない」など、ゴリゴリのネットワークビジネス用語を並べているサイトでしたので、副業系で記事を量産していた私のブログには、とても使えないランディングページであったと言わざる得ませんでした。

無料メールセミナーも、クラウドシステムを使い自己運用

160827

ランディングページで見込み顧客のリスト(メールアドレスや名前など)をゲットできたならば、次はクロージングまでに必要な無料メールセミナー(フォローシステム)です。

当時のライフプラスのグループでも、自動登録されるグループのメール講座を99%以上の方が使用していましたが、私は自分でクラウドシステムをカスタマイズし、文面なども全て自分用に用意し配信していました。

何故そこまでしたかというと、メール講座の内容もランディングページ同様に「騙されない」、「勧誘しない」などといったゴリゴリのネットワークビジネスのネガティブワード用語を並べた内容のものでしたので、これも私のブログ読者には向かない内容だったからです。

全4回ぐらいのメールを予め書いておいて、それを自動メール配信ソフトに登録しておくだけで、簡単に自動配信をすることができます。
あとは見込み顧客からの登録があり次第、リストをメール配信ソフトに追加していくだけです。

忙しい時期などは、見込み顧客の登録作業が遅れがちになってしまっていたのは反省点ですが、この辺もランディングページに登録があった時点で、自動的にメール配信ソフトに登録できるようにカスタマイズしておけば、もっと楽に運営ができたかと思います。

また従来の無料メールセミナーの内容は、「続きはまた明日!」みたいにじれったい内容が続くものでしたので、短期完結型としてズバッと知りたい情報を落としこんでいたのも、好結果に繋がった要因の一つかもしれません。
ネットでお金を稼ぎたい人はスピード感を持って誘導していかないと離脱率が極端に高くなってしまう、というのが私の経験から言えることです。

ランキング上位ブログを徹底的に研究

160828

はっきり言って、マニュアルはマニュアルでしかありません。
膨大なマニュアルの資料を読んでも、書いてあることは平均的に良いとされている事だけなのです。

何千、何万人いるとされている会員の中から突き抜けるには、人と同じことをしていてもダメなのです。

参考にするのであれば、マニュアルやアップのブログよりも、何十倍も稼いでいるランキング上位のブログサイトなのは明白です。
まずはランキングブログや、にほんブログ村のようなランキングサイトで上位にいるブログを研究していきましょう。
但しこれらのサイトは、自己アクセスによるランキング操作も可能なシステムとなっている為、全てを鵜呑みにするのではなく、本物と偽装を見分ける目も養うことをしていきましょう。

また記事を書き続けていると、いつも見かける良質なブログサイトが幾つか出てくることに気づくことでしょう。
こういったブログサイトは、いくつものキーワードで上位化に成功している可能性が高いので、必ずチェックしていくことにしましょう。

多くのブログサイトは、上位5~10%程の記事が全体アクセスのほとんどを集めていると言われています。
ですので、そのブログサイトの全ての記事を学習するのではなく、上位記事がどういった理由でアクセスを集めているのかなどを分析していくと、自ずと自分のブログサイトにもそれが生かされてきます。

当たり前のことですが、他のブログサイトをコピペなどでパクることや、ほとんどを引用するということは絶対にやってはいけません。
それをやったところで絶対に元のブログサイトのクォリティーを超える事はできませんし、何よりもグーグルのアルゴリズムに必ず引っかかってしまいますので、サイト全体の評価を下げるだけの意味のない行為ということを忘れないでおきましょう。

最良のSEO対策は、「何もしない」こと

160829

SEO対策というのは、プロであるSEO業者が様々な企業や組織から月に数万円を集めて対策を講じていても、簡単に上位表示することが難しいと言われています。
下手に何かをしようとするのではなく、SEOの本質もわからない素人が、見よう見まねの対策をして上位化ができるほど甘い世界ではない。と、割りきった方が良いと考えています。

グーグルがパンダアップデート(Google検索結果の品質を高めるために実施している検索アルゴリズムアップデート)を頻繁に更新している現在、私達にできる最良のSEO対策というのは、「良質なサイト」を作っていくことなのです。

そもそもSEO対策という言葉自体が、検索アルゴリズムのウラをカクような意味合いもあることから、私は好きではありません。
そのような姑息な事をしなくても、Googleガイドラインにも出ているように良質な記事を作り続けていれば自然に上位化されてくるものなのです。

もしも貴方が今の運営しているブログやサイトなどで、対策キーワードを赤字や太字にしたり、読みにくいぐらいに出現させていたり、意味のないワードサラダなどの出しているのであれば、即刻止めるべきです。

何もしないと言いましたが、記事を書く際に気をつけておくことはあります。
それは、読み手が「何の情報を欲しがっているのか」、「ストレスなく記事を読んでもらえるか」、「関連記事まで読みたくなる内容か」などを考えて、ちゃんと記事にしているか、ということです。

私も普段、色々なサイトをブックマークして愛読させて頂いていますが、そこに共通していることは「私の欲求を満たしてくれる」ことなのです。
そこにいけば私の好奇心を刺激する記事があったり、興味をそそられるような記事がストレスなく読めるということなのです。

それが、何もしないSEO対策ということなのです。

↓↓↓
ライフプラスなどのMLM企業についての記事一覧

コメント一覧

  1. まなぶ より:

    こんにちは。
    10記事で集客できるってすごいですよね。
    自動化の仕組みの最たるものですよね。
    勉強したいです。
    ありがとうございました。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。