給料が上がらない会社で頑張るよりも、副業の方が10倍効率よく稼げる理由

141108007


サラリーマンという宿命を理解すること

私達はサラリーマンという名前通り、サラリー(給料)を貰いながら生活をしています。
給料というのは、ほとんどの方が1年やある程度の年月で固定されているのが普通で、成果報酬などの仕事以外では、よっぽどの成果を出さなければ給料が大きく上がることはないでしょう。

要は、サラリーマンというのは頑張っても頑張らなくても給料は大きく変動することはないのです。

これがサラリーマンの大前提ですが、なぜ給料が上がらない(上がりづらい)のでしょうか。

そこにはいくつかの要因があります。

会社や所属部署の業績不振

まず給料が上がらない理由として上げられるのは、会社の業績不振です。
会社として業績が上がっていなければ、固定費の人件費を上げるわけにはいきませんので、給料が上がることはまずないと考えていいでしょう。

会社というのは相対評価が基準となっており、全体の人件費が予め予算として決まっている以上、誰か上がったら誰か下がるというのが会社というものです。
もしも、同僚や先輩などが給料が上がっているのに関わらず、貴方の給料が下がっているということがあるとすれば、それは貴方自身に問題がある可能性が高いので、業務を見つめ直す必要があるでしょう。

自己評価と会社からの評価に相違がある

給料が上がらないと嘆く人の場合、自己中心的に物事を考える人の可能性が高いです。
もっと分かりやすく言えば、「自分は仕事ができるのに、なぜ周りは評価してくれないのか」と勘違いをしている人です。
そういう方の特徴として、ストレスを溜めやすく、会社や上司の不満ばかり口にしている傾向が強いです。

もし給料を上げていきたいのであれば、会社や上司の愚痴や不満を口にしないで、成果を出し続けていくべきなのです。
愚痴や不満を口にしているのを見て気持ちがいい人はいないですし、その行動は知らず知らずのうちに自分の評価を下げている事にも繋がっているのです。

仕事での不満やストレスは、仕事でしか発散することができませんので、まずは与えられた仕事で最大限の成果を出し続けていくことが、給料を上げていく最短で王道なのです。

会社の方針で、利益還元を抑えている

「自社や部署の業績は向上しているのに、給料が全く上がらないのは何故!?」
その場合は会社の業績は向上し利益も生んでいるが、先行きに不安を想定しており将来への蓄え(内部留保)を優先していると推測されます。

こればかりは会社の方針である為、一社員がどうにかできることではありません。
ただし業績が向上しているというのは、ボーナスに反映される可能性が高いので、そのまま頑張って仕事を進めていけば給料が下がることはないでしょう。

給料を上げる事と、副業で稼ぐ事はどちらが簡単か

さて、ここまで給料が上がらない理由について書き出してみましたが、実際のところサラリーマンの給料は会社や部署の業績や上司などからの評価に大きく左右されることが多く、簡単に給料が上がるというものでは決してありません。

更に毎日朝から夜遅くまで頑張って仕事をしても、昇進をしない限り、給料が年一回の査定の際1万円でも上がれば御の字というが現実でしょう。

これは、割に合わないと考えて仕事で手を抜いてしまう人もいますが、月20万円の給料で朝の9時~18時まで働きますという雇用契約書を最初に結んでしまっている以上、後から給料を上げろと言いうのは契約上難しい話であるのは明らかです。

では副業で同じように1万円を稼ぐのは、給料を1万円上げることのように難しいのでしょうか。

答えは、ノーです。

例えば給料を3万円上げることと、副業で3万円を稼ぐのは、圧倒的に副業で稼ぐ方が簡単にお金を稼ぐ事ができます。

電車に乗っている間でもできる、空き時間に稼ぐ副業

副業と一言で言っても、コンビニバイトや水商売で働く時間給料系のものから、イラストデザインやHP作成などのクリエイティブ系、オークションやネットショップなどのネットワーク系の副業まで様々です。

しかしながら、副業が稼げるのは分かっていても
「普段の仕事で朝から晩までクタクタになって家に帰っているのに、それからまた働くことなんて肉体的にも時間的にも無理です」という意見が圧倒的でしょう。

私も日中はサラリーマンとして働いてるのでわかりますが、その答えは確かに正解です。

家に帰れば、いつの間にか寝てしまうこともありますし、会社の同僚などと飲みに行くこともありますし、家庭を持っていれば休日は家族サービスもしなければならず、とても副業をしてられる体力や時間などありませんよね。

そう、「普通の副業」ならば、確かにそうなのです。

驚くかもしれませんが、私は毎日電車に乗っている時間(往復100分)、お昼休憩時間(30分)、お風呂に入りながら(20分)などの空き時間だけで月に5万円以上を稼いでいます。
一日の作業時間は、移動時間であったり休憩中の言わば「空き時間」だけなのです。

貴方は毎日電車に乗りながら何をしていますか?
貴方は毎日ご飯を食べた後は何をしていますか?
貴方は毎日お風呂に入りながら何をしていますか?

  • ゲームをしている
  • ニュースやまとめサイトを見ている
  • 漫画を読んでいる
  • 雑談をしている
  • 音楽を聞いている
  • 寝ている
  • ボーっとしている

おそらく殆どの人は、こんな感じで空き時間を過ごしていることでしょう。

ゲームをしたりニュースをみたり、雑談をしたり寝ていたりする事は悪いことではありませんが、
貴方がなんとなく毎日で過ごしてきたその空き時間を使って、給料以外からの副収入を得ることは十分に可能なのです。

嘘の話のようですが、これは現実の話です。

給料以外から副収入を得るには、まずは自分の「空き時間」を変えていかなければならないのです。

↓↓↓
【ネットで稼ぐ具体的なやり方はこちら】

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。