恐怖。税金を払うことができなかった人の転落人生

恐怖。税金が払うことができなかった人の転落人生


税金を払えず奈落の底に転落した人生

会社勤めをしていると給料から税金が天引をされているので意識することはあまりありませんが、会社を退職後や引越しをした後など忘れた頃にやってくるのが、住民税。
住民税は、消費税や固定資産税、自動車税などよりも、危険な税金と言われています。
特に引越しされた方や、会社を退職した方などは特に注意が必要です。

これは住民税への理解と意識が薄かったことにより財産差し押さえ一歩手前まで追い詰められた、鳥居さん(仮名)の体験談です。

明日は我が身!? 突然届く、差押予告書

「数週間ほど前、ポストに入っていた一通の封筒で一気に地獄に突き落とされました。
それは見慣れない封筒で、差し出し人はA市役所市民納税課の文字。

A市とは、以前に私が住んでいた街で、封筒を見た瞬間とても嫌な予感がしたのをはっきりと覚えています。
覚悟を決めて封筒を開封すると、嫌な予感は的中しました。
入っていた書類には、「差押予告書」の文字。

私は以前住んでいたA市で、実は住民税を払っていなかったのである。
厳密に言うと、途中までは払っていましたが、未払い分を残したまま、その市から引越してしまっていたのです。
なぜこのような事態になってしまったのかというと、私の税に対する知識不足が全ての原因です。

勝手な思い込みが招いた、恐怖

「まず私が初めて働いた会社が、住民税を自分で納付しないといけない会社だっということ。
税金に対して全く知識もなく意識すらしていなかったので、給料から引かれていた所得税や雇用保険などと一緒に、必要な税金は全て天引きされていると思っていました。

そして1年後ぐらいに、住民税支払い通知書 が届きました。
しかしながら、税金は全て天引きされていると思い込んでいた私は「役所が間違えて送ってきたもの。私には関係がない」と勝手にに決め付け、そのまま捨ててしまったのです。

しばらくすると、また住民税支払いを催促する書類が届いていましたが、全く身に覚えがないですし、金額も20万円近く請求されておりましたが、無い袖は振れぬと、前回同様にそのまま捨ててしまいました。

しかしその後も督促書が届くので、さすがの私も怖くなり、封筒に記載されていた市役所の納税課へ電話してみることにしました。

納税課の方と話して、知らされた事実は、

  • 住民税の支払い通知は市役所の勘違いではないということ
  • 無視をし続けていた期間に生じた延滞金も加算されてしまっていること
  • ゴネ得は一切通じず、どんな方法を使ってでも支払うしかないこと

住民税の支払い事実はやっと理解することができたのだが、延滞金も加算され30万円近くにまで膨れ上がった住民税を支払えるお金があるわけがなかったのです。
なんとか交渉で分割払いにして貰いましたが、元々ギリギリの生活をし貯金すら無い生活に、住民税の支払いまで乗ってきてしまう始末に。
もう日々生きていくことで精一杯になってしまい、人生の絶望感からか精神的にも病んでしまいました

転機到来!! 納税生活から脱出成功!?

「毎日、お金のことばかり考えて生活をしていると、ネガティブ思考になってしまい何の為に生きているのかわからなくなり、会社も休みがちになってしまっていました。

でも、そんな私にでも救いの神が手を差し伸べてくれたようで、東京にいた知り合いの方からこっちで仕事を手伝ってくれないかと誘いを頂けたのです。

お先真っ暗で何も人生に希望を持てなかった私には、眩しすぎるほどの光のようなお誘いに感じられたことを覚えています。

その希望の光には、もしかしたら住民税の支払いから逃げれるかもしれない。という、淡い期待も含まれていました。

すぐに東京へ引っ越したのですが、なんとそれ機にA市納税課からの連絡も途絶えたのです。
そこでまた勝手な思い込みで『これは、住民税の支払いから逃げれたかも!?』という気持ちが、時間が経つにつれ、勝手に確実性へと変わっていきました。

まさに、脱獄に成功した『ショーシャンクの空に』の主人公のような晴れ晴れとした気分でした。」

現実へと引き戻す、差押予告書

「ところが、そんな気分も当然、長くは続きませんでした。
A市納税課からの連絡も途絶えていたのは、以前住んでいた郵便局に郵便物転送依頼をかけていなかったからであり、実際のところは何度も督促書が届いていたのです。
そんなこととはつゆ知らず、新しい住所のところへ書類が届くようになっていた頃には、督促書から差押予告書になっていたのです。

当然、こうなってくると残りの金額を期日までに一括で振り込むしか方法は無くなってしまうのです。
もちろん数十万円も一括で支払えるだけの余裕はなく、結局は会社に事情を説明し住民税を建て替えて頂きなんとか財産差押さえを回避することができました。

しかしながら、当然建て替えて頂いた分は給料から天引きされてしまい、会社からの信用も無くなってしまったのですから、地獄から開放されたとはとても言えない状況が続いています。

ただ、今回の事は自分の勝手な思い込みと知識不足が招いたことなので、今は前を向いて必死に働いていくしかありませんね…」

やるしかない。前を向いて稼いでいくしかない。

鳥居さんの例は、あくまでも一例にすぎません。
住民税を払えずに住宅や銀行口座などを差押えられてしまったケースは多々あります。

そうなってしまうと、そこから這い上がるのは相当なエネルギーと努力と運が必要になってきます。
そうならない為にも、税金に対しての知識や余裕のある収入を確保していくことが日々重要となります。

例えば、鳥居さんの場合は、そもそも貯金の無いギリギリの生活をしていたことが、差押え直前まで行ってしまったと原因であることは明白です。
もしも鳥居さんに、給料とは別に副収入があったのならば、税金を払うことができたかもしれません。

特に、追い詰められた人間は強いもので、何か一つの目標や道筋が見えた時に、何倍ものチカラを発揮することがあります。
そんな前を向いて稼ぐしかないという気持ちを持っている人程、稼ぐことができる在宅ビジネスがあるのです。

在宅ビジネスの内容は至ってシンプル。
「ネットを使って稼ぐ」事です。

一言にネットを使って稼ぐといっても、やり方はアフィリエイトだったりポイントサイト、ネットショップ、デザイン、アンケートなど種類は様々です。
あなたの得意分野や、1日に使える時間によってもネットで稼ぐ方法は変わってくるでしょう。
つまり自分に合った方法で、通勤時間や休憩時間にスマホを使ってできる副業ビジネスをして稼げばいいのです。

スマホが普及して誰でもカンタンにネットを使えるようになってからは、今までネットとは不得意だった主婦やサラリーマン、学生の方などが、なんと月に5万円以上のお金を稼ぐことに成功しています。

自分自身の人生を変えることができるのは、貴方だけなのです。
誰も助けてはくれません。

もうお金に苦労する人生から開放されたいと思う方は、少しでも空いてる時間やテレビやゲーム、スマホを触っていた自由だった時間を使っていくしかありません。
主婦の方やパソコンがあまり得意でない方でも、空いた時間を利用してネットから稼ぐことに成功しているのです。

もう一度、言います。

自分の人生を変えることができるのは、自分だけなのです。

↓↓↓
【ネットで稼ぐ具体的なやり方はこちら】

コメント一覧

  1. はじめまして。現代は空き地が増加の一途です。空き地の管理を差し迫ったことだと考えておかないとえらいことになるおそれも増え続けます。
    空き地を買取に出すという人はライバルよりも今すぐに中古住宅売買業者に媒介契約を頼んで可及的速やかに売買交渉をするのが必要です。
    なぜなら、空き地を購入したい人が減少し続けているから、かなりの値引き合戦になってしまっているためです。同じことですが空き地を有効利用する場合も一緒です。空き地を有効利用するなら専門家の支援は無くてはならないものです。素人ではどんな方法論が存在するのか、どんな項目に出費が必要かといった専門的なことがわからないからです。
    計算しないままに手を打つことは損失になるでしょう。空き地問題で損をしないためには、できるだけ早く、そして、業者の協力を受けることがポイントと言えます。空き地を放置するとごみ問題などの可能性も考えておかないと駄目です。火事を出したときには責任は所有している人が持たなければいけません。万が一、そんなことになると管理費等のコストでは済まず賠償責任までかかります。金額はとても大きくとても一個人では弁済することはできません。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。