大切なお金の話

給食費を支払わない、支払えない親が急増する理由




新たなイジメの火種!?給食費を払わない親達

「学校給食費の徴収状況に関する調査の結果について(文部科学省・平成26年)」によると、公立小中学校で給食費の未納者がいる学校の割合は46%にも上り、給食費未納総額はなんと推計約22億円にも膨れ上がっています。

そもそも給食費未納の原因は、保護者の責任感やモラルの低下や、経済的な事情によることが挙げられています。

給食費未納の子供は給食が支給されないことや、お弁当を持ち込んで食べている例なども発生しており、親の行動のせいで新たなイジメの原因にも繋がってしまいます。

義務教育と給食費は全くの別問題

給食費を支払っていない保護者の大多数の主張は、「義務教育なのだから給食費も国が出すべきだ」というもの。
勘違いしてはいけないのが、義務教育というのは、保護者が子どもに教育の機会を与える義務であって、義務で子供が学校に行くものではありません。

ですから親の義務として、教育に関わる費用を負担することは当然ことなのです。

更に言えば、義務教育というのは憲法で定められた教育に関わる事柄であって給食とは無関係な事から、給食費未納の言い分として義務教育を持ち出すこ自体が、そもそも的外れなのです。

常識の無い親からは、常識の無い子供しか育たない

こういった非常識でモラルを欠いてしまっている親に育てられてしまうと、子供までモラルのない非常識に育ってしまう事は、火を見るよりも明らかです。

そもそも義務教育だから給食費も無料になるという主張が通るのであれば、勤労の義務はどうなるのでしょう。

  • 義務だから働いても給料を貰えなくてもいい

そんな訳がないですよね…。
憲法で定められた義務であっても、ちゃんと支払うべきは支払う、給料を貰うところは貰う。

よく考えれば、これは小学生でもわかる当たり前の事なのです。

それをいい大人が無知をひけらかすかのように堂々と主張し、更に子供に恥をかかし、悪影響をもたらしているなど、保護者として有るまじき姿ではないでしょうか。

可哀想なのが、一番の被害者は、何も罪のない子供だということなのです。

子供に恥をかかせる前に、給食費払える「ゆとり」を稼いで挽回せよ

給食費を未納にしているケースには、2つのパターンがあるそうです。

  • 支払う能力はあるが、支払っていない場合
  • 支払う能力がなく、支払えない場合

前者の場合は、これは問答無用に支払うべきです。
教育を教える学校という場で、ゴネ得や屁理屈、言い訳などを認めてしまうことは絶対にあってはいけないのです。
自治体によっては、口座引き落としなどで対応するところも出てきており、徐々に給食費未納も減ってきているそうです。

そして一番の問題が、後者の払えないケースです。

経済的な事情で、月に約4000円程の給食費すら捻出できない家庭が増えているそうです。
家計の金融資産に関する世論調査では、30歳代世帯のなんと27.4%が貯金がゼロという結果がでているほどです。

こういった家庭は、借金などの多額の負債を抱えている場合が多く、既に昼と夜のダブルワークなどをしており、時間的余裕はないことが予想されます。

では、時間的にも体力的にも余裕が全くない場合は、それ以上に稼ぐことは無理なのでしょうか。

いいえ。
ネットを使って稼げばいいのです。

一言にネットを使って稼ぐといっても、やり方はアフィリエイトだったりポイントサイト、ネットショップ、デザイン、アンケートなど種類は様々です。
あなたの得意分野や、1日に使える時間によってもネットで稼ぐ方法は変わってくるでしょう。
つまり自分に合った方法で、通勤時間や休憩時間にスマホを使ってできる副業ビジネスをして稼げばいいのです。

スマホが普及して誰でもカンタンにネットを使えるようになってからは、今までネットとは不得意だった主婦やサラリーマン、学生の方などが、なんと月に5万円以上のお金を稼ぐことに成功しています。

月1万円以上の収入を稼げるようになれば、月10万円までの道も遠くはありません。
早い方では、月1万円を稼ぐのに3ヶ月もかからない人もいるぐらいです。

このブログが本気で人生を変えたいと願う人の、小さなキッカケになれれば幸いです。

あわせて読みたい
【2018年保存版】誰でも簡単に5万円をネットで稼ぐ方法!「楽して稼ぎたい」 「空いた時間を使ってネットで稼ぎたい」 「わりの良い副業ありませんか」 できることなら、本業以外の...

ABOUT ME
もう挫折しない!ネットで月5万円稼ぐ副業ブログ
2012年4月より、副業としてアフィリエイトをスタート。2年間ぐらいは全く稼ぐことができず、サイトもほぼ放置状態の、だめだめ挫折アフィリエイターでした。しかしながら試行錯誤の末、2015年には月30万円をネットで稼げるようになるまでに成長。現在も無理のないペースで複数サイトを更新し、楽しみながら副収入を得る生活を実現できています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.